放射線測定器のたろうまる
投稿: 2020/11/12
たろうまる@なかやま

原子力防災訓練

放射線測定器

最大震度7の地震によって中部電力浜岡原子力発電所(御前崎市)で緊急事態が発生して放射性物質が放出されたと想定して、県と原発周辺の11市町が29日、原子力防災訓練を行った。原発10キロ圏内の同市内の体育館では、昨年導入されたばかりの原子力災害時用防災テント「エアシェルター」の設営訓練が初めて行われた。

参加者に放射線測定器を当て、放射線量の測定が行われた=29日、静岡市葵区の新東名高速道路静岡サービスエリア(石原颯撮影)

参考文献&ニュース参照元